【住宅新報掲載】本多信博氏コラムと「正直不動産」と不動産流通推進センター

forum2112_p2

住宅新報1月25日号の本多信博氏コラム「彼方の空」で、月刊「不動産フォーラム21」の2021年12月号・2022年1月号の巻頭企画のコンプライアンスをテーマにした座談会の写真を掲載いただきました。

メンバーは、本多氏と小学館のビッグコミック連載中の漫画「正直不動産」の原案者 夏原 武氏、ビッグコミック副編集長 田中 潤氏、アトリウム会長 竹井 英久氏(不動産流通推進センター 特別参与)という豪華な顔ぶれです。

▼彼方の空 住宅評論家 本多信博 ◇32『新・中間省略登記』で改訂版 『正直不動産』もかつてテーマに 転売型の価値を更に高める

https://www.jutaku-s.com/newsp/id/0000050373

住宅新報2021年12月p2-7

このコラムの中では、福田 龍介氏の『新・中間省略登記が図解でわかる本』(住宅新報社刊)の昨年12月に発売された大幅改訂版が紹介されています。

改訂版の中で福田氏は不動産の転売型取引を新たに〝クッションモデル〟(商標)と命名している。A→B→Cという取引構造にあってBが介在することのメリット(社会的意義)を正しく世に知らしめたいという熱い思いからである。

 第1部ではそのクッションモデルの実例を20以上ものスキームに分類し、リスク吸収、不動産の選別・評価、価値増大、時間短縮などの機能(メリット)がどう発揮されるかを解説している。

https://www.jutaku-s.com/newsp/id/0000050373

「買取再販」については、当センターが昨年実施した不動産業界のコンプライアンスに関する講演会でも、竹井会長から問題提起をしていただいた注目の話題なので、同書を参考にさせていただきます。

推進センター 奥田

次号では座談会のエッセンスについて紹介してくださるとのことで、楽しみにしています。

月刊「不動産フォーラム21」2021年12月号に掲載された座談会の記事(前編)は、下のビューアでお読みいただけます。

Forum202112_p02-07

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。